北海道・十勝岳

【山域】十勝岳(2,077m)
【場所】北海道
【日時】2008年04月13日(日)
【コース】吹上温泉 - 頂上(往復)
【メンバー】単独
【装備】シュガーダディ 153, ディアミール・T3, ガルモント-Gライド
【地図】白金温泉、十勝岳
【天気】曇・霧後、晴



頂上から、上ホロカメットク・富良野岳




頂上から、噴煙




頂上から、美瑛岳(背後に、トムラウシ)




頂上から、下ホロカメットク




頂上から、上ホロカメットク




頂上から、富良野岳




頂上下から、頂上部(下山時撮影)



さんこう記録

(北海道 - 山スキー)

2008年04月13日(日): 昨日は小雪が舞いました、5cm程の新雪です。

06:15? 吹上温泉を出発です。九条武子歌碑に向かう歩道の入口を知らない為、
適当に林の中を横切り、1,270mを目指します。川の横断点で先行者をパスします、
後は一人旅です。

当初、グランド火口への斜面を考えていたのですが、ガスで斜面が急に見え、
避難小屋経由・夏道を辿ります。しかし、瓦礫が新雪の下に隠れています。
石を踏んでいるのがシール越しに分かります。

1,650m以上はガスの中です。グランド火口経由で1,720mの標識に到着です。
後はGPSを頼りに進みます。もっとも天候は晴れると半分確信していました。

1,850m辺りからガスも晴れて来ました、しかし急斜面とクラストに変わります。
アイゼン歩行に変え、スキーは担ぎます。
頂上直下の100m弱はスキーが困難です、スキーデポも考えたのですが、東斜面を
滑れば登行ルートに合流できそうです。スキーは頂上まで担ぎ上げます。

10:20? 十勝岳頂上に到着です。360度の展望です!ところが、何時ものカメラの
メモリーエラーです。仕方なく初期化して撮影を試みます。何とかOKです。
下ホロ、上ホロ、富良野岳、美瑛岳、トムラウシが耀いています。

10:49 十勝岳(下山)です。山頂から、東面に滑り込みます。クラストと
シュカブラです、ファットスキーのシュガーダディーでは少しきついです。

山頂の斜面をやり過ごし、グランド火口に滑り込みます。火口入口で、二番手の
グループに遭遇です。(皆さん、ゆっくりの出発のようです。)

グランド火口入口から下の新雪はパラダイスでした、シュガーダディーで大正解です。
テールを使った滑りが気持ちよく決まります。会心の滑りでした!

11:26 吹上温泉へは、既知の方のトレースに従って滑り込みました。

今回の北海道山スキーは、6勝2引き分けの、楽しいものでした。

<今日の温泉>:吹上温泉


<タイム>
06:15? 吹上温泉
10:20? 十勝岳頂上
10:49  十勝岳(下山)
11:26 吹上温泉

HOME