湯殿山

【山域】東北:湯殿山(1,500m)
【場所】山形県
【日時】2008年04月28日(月)
【コース】自然博物園 - 石跳川 - 湯殿山[往復]
【メンバー】単独
【装備】TCエボルーション 150cm, ディアミール・フリーライド, ガルモント-Gフィット
【地図 湯殿山、月山
【天気】曇り後、小雪&ガス



自然博物園(済みません!出発の時刻用の画像です。)




湯殿山南東尾根(石跳川より)



<お詫び>
カメラの不調により、画像が取り出せず、変な画像で申し訳有りません!
又、時刻記録用にカメラを使用していますので、行動時間もあやふやです。


さんこう記録

2008年04月29日(月): 今年も雪崩が恐くて、後立山の山スキーが出来ません。
東北の山スキーに逃げます。

夜中の1時半過ぎ農園を出発し、一路月山・志津を目指します。
新潟県内は小雨ですが、鶴岡市内に入れば晴れて来ました、只、山はガスの中です。
8:00頃、志津に到着です。上空は何とか青空が望めます。

08:27 自然博物園を出発です。石跳川は左岸沿いに登ります。
高度1,020m辺りから、湯殿山南東尾根に取付きます。

難儀なことに、1,150m辺りから、霰が降り始め、更にガスに巻かれます。
今回、山頂から南面をブス沼まで滑り。再度、南東尾根経由で山頂に戻り、
東面を石跳川目指して滑る快適急斜面の2連チャンを予定していたのですが、
この様子では1本きりですね。南面は数回滑っておりますから、1度しか滑っていない
東面になりそうです。(もっとも、ガスが晴れなければ南東尾根ですが。)

10:40? ガスの中、山頂に到着です。滑降準備中、幸いにもガスが晴れます。
東面の斜面が見渡せます。滑降に問題無しです!山頂の雪庇が切れた所から
エントリーも大丈夫です。
東面斜面に滑り込みますが、曇り空下の白一色の世界、平衡感覚がおかしくなります。
悲しいかな、積極的な滑りは出来ません。中途半端な滑りで石跳川に到着です。

石跳川に入れば、後は消化試合です。
11:30? 自然博物園に到着です。


<タイム>
08:27  自然博物園
10:40? 湯殿山
11:30? 自然博物園


HOME