鳥海山・鳥越川ルート(2,140m)

【山域】東北:鳥海山(2,236m)
【場所】秋田県
【日時】2009年03月18日(水)
【コース】中島台(361m) - 鳥越川 - 千蛇谷 - 新山(2,140m)
【メンバー】単独
【装備】K2 8611 153cm, TLT, ガルモント-MGフィット
【地図 鳥海山、川辺
【天気】晴、地吹雪



鳥海山北面(17日撮影)[この北面の滑降はしびれます]



鳥越川750m地点(画像には写っていませんが、右は鳥越川です)



鳥海山(間もなく森林限界)



稲倉岳



鳥越川を振返る



雪炎の外輪山



煙る新山と千蛇谷



凍て付く外輪山



さんこう記録

2009年03月18日(水): 鳥海山・鳥越川ルートの偵察目的で、登山口に前日入ります。
中島台レクレーションの森に向かう車道の361m地点まで、除雪されています。

05:39 中島台車道361mを出発です。高度400m手前の林道に入り、鳥越川沿いの林道に合流です。
480m辺りで林道を離れ、獅子ヶ鼻を目指します。獅子ヶ鼻からは鳥越川右岸を
付かず離れずの感じで登って行きます。鳥越川750m地点が一つのポイントでせう。

07:16 鳥越川750mを過ぎ、台地上に出ると鳥海山のお目見えです。森林限界も近いです。
この後も1,400m辺りまで、鳥越川右岸を付かず離れず、台地上を登って行きます。
しかし風が強いです、ヘルメット、ゴーグルは森林限界を超えてすぐの着用でした。
1,800m辺りから、千蛇谷ですが、外輪山は雪炎が激しいです、新山・千蛇谷も煙っています。
12:32 新山2,140m、激しい地吹雪と氷の斜面で登行中止です。大物忌神社下の斜面でした。
今回、長丁場と高度差から、アイゼン・ピッケルは所持していません。
残り高度差100mですが無理は禁物です。

下山です。地吹雪で視界が有りません。更に悪いことに、又しても平衡感覚を失っています。
苦行の滑降です。横滑り、プルークボーゲンで下って行きます。
山回りターンで止まると、足元を見るため雪が流れ滑っている錯覚に襲われ、尻餅転倒です。
転倒によりゴーグルも曇り更に視界を悪くします。

1,400m辺りから、風は強いものの、地吹雪はなくなり、ゴーグルを外します。
視界が確保され、何とかターンが可能になります。
14:45 中島台361m地点に、やっと到着です。3月の鳥海はやはり厳しいです!
滑りは悲惨な物でしたが、自分にも鳥越川ルートの往復が十分可能と判っただけでも良しとしませう。



<タイム>
05:39  中島台361m
07:16  鳥越川750m
12:32  新山2,140m
14:45  中島台361m


HOME