毛勝谷

【山域】剣北方稜線:毛勝山(2,414m)
【場所】富山県
【日時】2009年05月14日(木)
【コース】阿部木谷 - 最終堰堤 - 毛勝谷 - ボーサマのコル[往復]
【メンバー】単独
【装備】K2 8611 153cm, TLT, ガルモント-Mgフィット
【地図】毛勝山
【天気】曇り、霧


板菱入口(右端のスノーブリッジが崩壊すると、苦労します。)




板菱




大明神沢




1,500m付近より、毛勝谷




2,000m付近より、毛勝谷(右:ボーサマのコル)




2,000m付近より、毛勝谷俯瞰




毛勝南峰ルンゼ




魚津市から毛勝山(左端)



さんこう記録

2009年05月14日(木): 前夜までは、釜谷山 - 中谷1,750m - 毛勝山を考えていました。

05:07 阿部木谷左岸駐車場(宗次郎谷上)を出発です。林道は所々雪が残る程度です。
最終堰堤を右から越えます、堰堤上には雪が在りません。こんなことは初めてです。

板菱の入口、雪渓がかろうじて左岸に掛かっていて靴を濡らさずに雪渓上に乗れます。
しかし今週末にはどうでせう?靴を濡らす可能性が高そうです。
板菱も流れが出ていますが、通過には問題なしです。

大明神沢出合い手前からシール歩行に切り替えます。天候は今一つハッキリしません。
雪面もクラストしていますから、早々にクトーを装着します。

三の又を過ぎ、斜度が急になるとシールが流れます。一度数メートル、スリップします。
今日の雪質だと転倒は絶対に避けなければなりません。1,600m過ぎでアイゼン歩行に
切り替えます。兼用靴メガライドのシェルが硬く足首がうまく使えません。登りに苦労します。

上部二又(2,000m辺り)を過ぎたころ、稜線にガスが掛かり始めます。天候は下り坂です。
毛勝南峰ルンゼを過ぎると、全くのガスの中です。登って行くうちに段々急に
なってきます、上部にはシュルンドも見えます。これは在り得ません!
ボーサマのコル近くになると傾斜は緩んで来るはずですから。
シュルンドでガスの晴れるのを待ちますが、晴れそうには無いです。
GPSを取り出し現在位置の確認です。だいぶ左にそれていました。
GPSで軌道修正します。途中でつぼ足の跡に合流し、それを辿ります。

09:57 なんとかボーサマのコルに到着です。木の枝には霧氷が出来ています。
この状況でルートを失うのは危険なので、今日は此処までです。
10:10 ガスは晴れそうには有りません、ボーサマのコル(下山)です。
雪はクラストしたままです。視界も10m程度です。
ここで転倒すると止まりませんから、横滑りで下ります。

高度200mも下ると視界も50m程になり何とかターンが可能になります。しかし、
連続ターンは出来ません。ワンターン毎に区切りスピードを落とします。
上部二又を過ぎると連続ターンも可能になりますが、右へ左へ少しでも綺麗な
雪面を探して下って行きます。大明神沢過ぎでスキーを切り上げます。
この辺りから、濡れた雹が降って来ます。勘弁して欲しいです。

板菱の雪渓もなんとか通過です。後はとぼとぼと帰ります。
11:45 阿部木谷駐車場に到着です。何かストレスの溜まった山スキーでした。



<タイム>
05:07  阿部木谷駐車場
09:57 ボーサマのコル
10:10  ボーサマのコル(下山)
11:45  阿部木谷駐車場


【過去の記録】

HOME