北海道・オプタテシケ山

【山域】オプタテシケ山(2,012m)
【場所】北海道
【日時】2011年04月07日(木)
【コース】白金温泉 - ポン水無川 - オプタテシケ山[往復]
【メンバー】単独
【装備】シュガーダディ 163cm, TLT, ガルモント-Gフィット
【地図】白金温泉、オプタテシケ山
【天気】曇り



登り斜面(1,400m辺り)




美瑛富士




大雪山




北西稜




北西稜と山頂




山頂から、トムラウシ山




山頂から、下ホロカメットク山




林道からオプタテシケ山(下山時)




青色:登り、赤色:下り(概略です。)



さんこう記録

(北海道 - 山スキー)

2011年04月07日(木): 北海道まで来て、一山も登らないで、帰る訳には行きません!
何とか天候が持ちそうですから、オプタテシケ山にします。
しかし、トレーニング不足の身には、手強い山を選んだものです。

05:30? 白金温泉・駐車地点出発です。午前中は晴れの予報でしたが、高曇り気味です。
雪は締まっており、スキー跡も殆ど残りません。681m地点、林道のショートカット地点到着です。
昨年下調べした830m地点(林道復帰)をGPSの助けを借りて目指します。
ドンピシャリで林道に出ます。まだ林道の中間点です、この後も長いです。
07:30? ポン水無川(林道)に到着、やっと林道から開放され、オプタテシケの斜 面に取り付きます。
最初は樹林帯(タンネの森)の緩斜面です。1,200m過ぎから斜度が出てきます。
雪も締まっているので早めにクトーを装着します。
西尾根の側面斜面を登っていますが、1,600m辺りで氷化し、アイゼン登行に切替えます。
下りにスキーが使えるか心配です。
主稜線近くになると、北西稜が特異な姿を現し、その背後に本峰が望めます。
本峰手前の鞍部(Wコル)にスキーとザックをデポし、本峰に取り付きます。中々急です。

12:01  オプタテシケ山に何とか到着です。トムラウシ、旭岳、美瑛富士、美瑛岳、
下ホロ等一望できますが、空気の冴えが無いのが残念です。
頂上は早々に後にします。鞍部でザック等を回収し、北西稜のピークを巻き、
1,900m辺りでスキーを履きます。南斜面は少し雪が緩んでいますが、北面はガリガリです。
横滑りを多用して高度を落とします。西尾根の西側、(1,158mを通る)支尾根の
東斜面に入ると大斜面になります。雪質が良ければ歓喜の声も出るのでしょうが、
今日は生憎の雪質です。タンネの森に入れば快適な雪質でしたが、如何せん短いです。

ポン水無川の林道に出ますと、長い長い林道です。
830m地点から681mへの林道ショートカットですが、スキーの走りに任せるとダメです。
意識的に西へスキーを運ぶ必要が有ります。

14:56 白金温泉・駐車地点に到着です。なんとか課題の山が滑れましたが、
スキー自体の楽しみは今一つでした。


<今日の温泉> 吹上温泉・白銀荘(前日は、白金温泉・ほしの灯家でした。)


<タイム>
05:30?  白金温泉・駐車地点(浄水場入口)
07:30?  ポン水無川(林道)
12:01  オプタテシケ山
14:56   白金温泉・駐車地点(浄水場入口)


HOME