爺ヶ岳:扇沢

【山域】爺ヶ岳
【場所】長野県
【日時】4月28日(月)
【コース】
【メンバー】単独
【天気】晴



扇沢



針ノ木岳



種池山荘と剣岳



鹿島槍


さんこう記録

28日(月):4時半起床、5時20分に出発、高度計を1430mにセットし
て扇沢を5時50分にスタート。右岸沿いに進む、即猛烈なデブリ跡
に遭遇する、まるでヒマラヤのアイスフォールである。
奥小沢では、底雪崩で完全に川床か現れていて、段丘から川底へ
クライムダウンである。1729mの扇の要の地点到着、爺ヶ岳へ直接
突き上げる直進ルートを取る。日が当たらなく雪にシールがきか
ず、アイゼン歩行に切替える。下から見えていた滝に到着、右か
ら捲くが厳しい、ピッケルも動員して、乗越す。滝上部もやや急
で、快適なスキーは困難かもしれない。総合的に判断すると下降
ルートとしては不適格である。上部は快適そうなのに残念である。
2470m辺りの稜線に到着、立山/剣岳の勇姿が臨める、その北には
毛勝三山が連なる。稜線は風が強い、12時丁度に爺ヶ岳南峰に到着
最高峰の中央峰はパスすることにする。
12時20分スキー開始、一度種池山荘までトラバース気味に滑り、
そこから、一気に扇沢へ滑り込む、快適なターンが決まる。
真直ぐ下ると降りれなくなるので、半分くらい滑ると右よりの沢に
出るようにコース取りをする必要があるので注意、早めに気付き
難を免れた。
1729mの扇の要の地点を過ぎ、暫くすると右からの底雪崩の跡に
遭遇する、早朝にはなかったのに、クワバラクワバラである。
午後1時半過ぎにはスタート地点に無事到着。高度計の正確さに
感激、1000m位で20m程度の誤差である。
2時半ころ農園に帰宅、明日も山スキーに出かけることにする。
明日の後半は下り坂の天候とのことなので、半日で登れる
雨飾山/荒菅沢を滑ることにする。



HOME