小蓮華山:金山沢

【山域】小蓮華山
【場所】長野県
【日時】5月11日(日)
【コース】
【メンバー】単独
【天気】曇り



金山沢:雪形の種まき爺さんと婆さんの間を滑ります



小蓮華山山頂


さんこう記録


11日(日):4時半起床、5時過ぎ白馬金山沢の山スキーに出発。
6時猿倉をシールで出発、金山沢出会も完全に埋まっている。
取り付きの雪が早くに割れる地帯を抜けると気の抜けたスロープ
に変わる。金山沢の魅力は、稜線からストレートに落ちる30度超の
斜面でしかないのではないか...。
小蓮華山を50m程下った所から、12時20分滑降開始、出だしはガス
のため視界優先でスキーを滑らす。稜線上の雪は気温が低い為か
若干カリカリした雪である、稜線直下の斜面の雪質が気になる。
稜線から核心部の斜面に入る、快適な雪質である、雪質が判れば
後は大回りのターンで体力を温存しながらの滑降である。
12時50分猿倉到着、まあまあ快適なスキーであった。このルート
の総合評価とすれば、稜線直下を除けば何回も通う程の斜面では
ないと云える。栂池から入り、金山沢を滑る場合、稜線に立たな
ければ楽しみのほとんどを捨てることになると思う。
小日向の湯(400円)で汗を流し、2時には農園到着。
2時半過ぎには雨の午後に変わってしまう。
今日は、早めに酒をいただき、早めの就寝、明日未明の帰宅に備えよう。


HOME