小遠見山

【山域】小遠見山(2007m)
【場所】長野県
【日時】2004年1月10日(土)
【コース】地蔵の頭 - 小遠見山 - 五竜スキー場
【メンバー】単独
【天気】小雪



小遠見山頂から中遠見方向



1850m地点から平川へ落ちる尾根上部



1850m地点から平川へ落ちる尾根下部


さんこう記録


2004年1月10日(土):五時半に設定した目覚ましにもかかわらず7時前の起床になる
色々逡巡した結果、気温は-14度と冷え込んでおり、晴天が予想されるので小遠見
にルート偵察に出かけることにする。ところが予想に反して、北アルプスには
ガスが掛かり始めている。ためらったが、五竜スキー場へ車を走らす。テレキャビン、
展望リフトを乗継ぎ地蔵の頭下に到着、小雪が舞い始めたがシールを貼って出発。
1850m地点から北へ・平川へ落ちる尾根を偵察、十分スキーで滑降出来る尾根で
ある、残るは雪質のみ...、敢行時期は何時が良いであろう?
10:10 小遠見山頂到着、先行したボードとスキーの5人パーティがアドベンチャー
スキーになりそうだと云いながら天狗岳へのコルに滑り込むのを見送る。
雪が激しくなってきたので、早々に下山準備をして出発。
重い雪でスキーが浮かず、雪の中にスキーが突き刺さって転倒を繰り返す羽目になる。
七転八倒の後、ゲレンデトップに到着、萎えた気分と左足の疲労のため穏やかな
滑りでスキー場を流し、下山。未熟なスキー技術に落胆...。



HOME