黒姫山

【山域】黒姫山
【場所】長野県
【日時】1月2日(金)
【コース】大橋----大橋
【メンバー】単独
【天気】晴のち曇り



大橋林道から望む黒姫山



黒姫山から望む高妻・乙妻山



黒姫山頂からの妙高山


さんこう記録


2日(金):5時に目覚ましを掛けたのだが、気力なし。7時に起床し、7時半黒姫へ出発
小川村を越え、鬼無里村に入ると北斜面の為、道路が凍結していて気を使う、
もっとも未明に走行することを考えると楽勝であるが。鬼無里村から眺める戸隠
西岳・本院岳が立派である。戸隠村に入ると飯綱山が見え、次回の順番待ち。
9時前に大橋到着、車が3台駐車してあるがスペースは十分ある。
9時10分登山開始、林道はお正月のトレースが在り、ラッセルの苦労がない。
天候は薄曇だが、太陽の光も射し春の陽気である。
9:50 乙妻山への分岐、10:30 大ダルミ分岐。シールに雪が付着しだし重くなり、
急斜面ではスリップし消耗する。12:20 外輪山に到着、風が少しある。外輪山の
尾根上は起伏が多く、しかも痩せていてスキーには適さない。
13:20 黒姫山頂上、遅くなってしまった。天気も下り坂のようだ。
13:35 早々に下山開始、ルートは南斜面を南東方向に取り古池を目指すことにする。
藪ほどではないが、一枚バーンは望むべくもない、雪にしっかり遊ばれてしまう。
1360m地点で沢筋に出て下るとすぐに林道に出会う、これ幸いと林道を下る。
1190m地点でT字路の林道に出くわす、右(西)に進むが沢筋から山に登って行くよ
うに見え、読図もせずUターンする。T字路から、左(東)は確かに下っているので
そのまま進む、霧も出てきて周囲が見渡せないが何か間違っている気がする。
地図を取り出し、再検討する。やはり西のルートが正しかった。時間は3時半過ぎ
になっている。足取りが重くなるがルートが判明しただけでも良しとしよう。
シールを再度貼り歩き出す。先に引き返した地点を過ぎ、沢を巻き込むと地図ど
うり、下っている。アップダウンがあると嫌なのでシールはそのままにして進む。
若干の下りだが、くるぶし程度のラッセルで汗をかく。やっと車道に到着、ザック
やスキーをデポして、車道を約1k大橋に向けて歩く。16:30 大橋到着。
ザックとスキーを回収して一路帰宅。18時農園に到着。消耗した1日であった。
やはり、登山は早出しなくてはいけない、時間的余裕がないと判断ミスを誘発
する。今日の教訓であった。



HOME